リフォームローンのおすすめ銀行ランキング

リフォームローンのおすすめ銀行はどこですか?

口コミイメージ

ご存知ですか?リフォームローンの金利相場は市場金利に応じて上下します。

 

担保の有無によっても金利が変わり現在は有担保型なら1から2%、無担保型なら2から5%が平均的な相場です。

 

金利タイプを大きく分けると2種類あり変動金利型というものと固定金利型というものがあります。

 

変動金利型は市場金利に伴って6か月ごとに金利が更新されるというローンで固定金利型は市場金利の高下に関与せず、一定の金利を保つローンです。

 

さらに固定金利型には永続的な長期固定金利型とある期間内だけ固定になり満了ごとに長期か変動を選択する固定金利選択型があります。

 

リフォームローンを組む場合、いくら借りられるかというのは、リフォームをするにあたり一番最重な項目ですね。

 

ですが、住宅ローンと比べると借入限度額は1/10程度しかありません。

 

リフォームローンで借入れできる金額は最大でも500万円から1000万円程度です。

 

ですがリフォームローンの金利というものは、2から5%という高い金利に対し返済期間は10年から15年と短いので、借入金額が多くれなれば比例して返済額も大きくなってしまうのです。

 

無理のない返済額に応じた借入額をしっかりとシミュレーションすることが大切です。

 

リフォームローンのシミュレーションは金融機関のHPで試算することができます。

 

検索窓に「リフォーム シミュレーション」と入力し検索するだけで該当するサイトがたくさんヒットするので希望の見たいサイトをクリックすればOKです。

 

借入希望額や返済期間、ボーナス時の返済額などを入力すると毎月の返済額が瞬時に算出されます。

 

個人情報を登録することはないので安心して利用することができます。

 

返済額の計算は素人では難しいので折角の機能を存分に使わせてもらいましょう。

 

金融機関より借り入れたリフォームローンが余ってしまった場合、融資業者に返金する必要はあるのでしょうか?融資金額というのは業者が作成する見積書などによって確定となりますので余るケースは稀ですが架空請求してしまったみたいで落ち着かないですよね。

 

一方で、建設業界では追加費用が発生しても困らないように上乗せ融資を勧めてくる施工業者もいるみたいです。

 

また、追加融資が難しい金融機関においては担当者から上乗せ融資が勧められるといったことがあるようです。

 

融資を受けたのにリフォーム以外でお金を使ったということでもない限り、融資を受けた側が最終的に完済すれば問題が無く、そのまま放置していてもいいようですが、余剰分が気になるという人は繰り上げ返済をして、借入た分を早急に全額返済してしまいましょう。

 

リフォームを行うにあたって必要となってくるのがリフォームローンの頭金です。

 

その料金は業者によって様々です。

 

工事に取り掛かる前に頭金を用意して下さいと言う業者もいますし工事完了後に一括払いでOKという業者もいます。

 

リフォームの金額も工事業者によって大分違いますので複数のリフォーム業者から見積もりを取ることをおすすめします。

 

通常、頭金に必要な金額はだいたい工事費用の10%から20%が一般的なのですが、契約前にも関わらず先に用意しておきますねと、手際が良い風を見せかけて資材費を請求してくる業者もいます。

 

失敗しないためには事前に契約内容をきちんと確認することが大切です。

 

失敗しないリフォームローンの選び方というのは金利だけを重視しないということです。

 

借入れ可能な期間や、上限金額も念頭に入れる必要がありますし、保証人や担保についても良く考える必要があるでしょう。

 

団体信用生命保険(団信)に加入できるか否かや手数料など諸費用についても細かく比較することをおすすめします。

 

建材会社の中には自社商品を使ってリフォームすることで金利0%かつ無担保ローンというのを提供してくれる会社もあるのです。

 

リフォームローンは様々な会社から魅力的なプランが用意されていますのでローン対応のリフォーム会社に相談するのもいいでしょう。

 

リフォームローンの一体型とは要は、住宅ローンとセットなっているローンのことです。

 

中古の住宅を購入し、その後リノベーションを計画しているのであれば一体型ローンが良いかと思います。

 

リフォームローンは住宅ローンと比べて高金利なので一元化することでリフォームの費用も低金利で借りられるのです。

 

但し、気を付けなければいけない点もいくつかあります。

 

それは事前審査においてリフォームの見積書が求められたり、申込の際には工事請負契約書が必要になることがあります。

 

従って、中古の物件を探すことと並行してリフォーム業者を選んで、見積もりを取ってもらうといった作業も必要になります。

 

手軽に申請できると評判のオリコのリフォームローンについて紹介します。

 

オリコのリフォームローンは365日いつでも仮受付OKのWebリフォームローン仮受付が非常に使い勝手が良いです。

 

金融機関に行かずともパソコンから手軽に申し込みができ審査も最短で2日という速さなので銀行へ出向く必要性がありませんね。

 

オリコのリフォームローンは固定金利が適用されるのですが、保証人、担保、保証料などが一切不要なのが特徴的です。

 

オリコのリフォームローンは、改修工事やリフォームに限らず太陽光発電システム設置工事などにも利用することができるのです。

 

申込時の注意点としてWeb仮受付の申し込みにはオリコとの提携販売会社やリフォーム会社との契約が必要であり、販売店コードまたはIDを入力しなければいけませんのでご留意ください。